【引田法律事務所】の消滅時効の援用

引田法律事務所とは?

法律のプロである弁護士の事務所です。
専門分野の一つとして債権回収の代行をしています。

相手は、弁護士ですの下手に連絡すれば、あっという間に時効を中断させられますのでご注意ください。

 

引田法律事務所が債権回収代行している主な債権者

■ 日本保証(武富士、ロプロ)

※他にも債権者はあります。参考情報です。

日本保証もプロですので、債権回収を得意とする精鋭が沢山います。
その日本保証が債権回収の代行を依頼するぐらいですので、よっぽど信用できる法律事務所だと判断できます。

また、法律のプロですから、安易な交渉は足元をすくわれるだけですので、専門家お任せするようにしましょう。

 

引田法律事務所からの通知書

まずは、引田法律事務所から受任通知が届きます。

消滅時効をお考えであれば、通知書に記載されている契約内容の【支払の催告に係る債権の弁済期】【最終取引月日】が重要となってきます。

法律事務所から書類が届くわけですから、今までのように無視しておけば大丈夫ということはあり得ません。
これは良い機会と思って、借金と向き合うようにしてみてはどうでしょうか?

現在は、生活レベルが変わってお支払いできるのであれば、和解を検討すべきでしょう。
ただ、現在の生活レベルではお支払いができない場合は、時効の可能性を調べてみることも大事です。

最後に支払いをしてから、5年以上経っているのであれば、消滅時効の可能性があります。

 

時効が中断してしまうケース

  • 通知書や支払督促、和解書が届き返送してしまった
  • 借金の一部を返済した
  • 電話で返済の話し合いに応じた

不用意に話し合いに応じてしまうことで、「債務承認」と認識されてしまった場合、時効期間がリセットされてしまいます。

債権者は回収のプロですから、言葉巧みに「分割にも応じます」「無金利にする」「今なら減額和解ができる」など、債務者にとって有益かと思わせる提示をしてきます。
また時効期間が経過していた場合でも、債権者がそれに触れることはまずありません。

債務者が応じてしまうことで、時効が中断(リセット)されることになり、次の時効期間まで5年伸びることになります。

 

引田法律事務所から連絡があった場合

  • 折返し連絡はしない
  • 通知書にサインして送り返さない

届いた書類を見て、期日がギリギリだったので焦って連絡をしてしまった、というケースが後をたちません。
資産の仮押さえや、訴訟提起などの法律手段を講ずると書かれていれば、驚き連絡をしてしまいがちですが、それでは債権者の思う壺です。

まずやるべきことは、時効援用の手続きです。

最後に支払いをしてから5年以上経っていても、勝手に時効になることはありません。

 

届いた通知を放置しない

届いた通知を放置してしまうと、ますます不利になってしまいます。

  • 借金総額が増える
  • 給与や預金を差し押さえられる権利を取得される

通知が届いたら、すぐに中身を取り出し「期日」を確認してください。
期日を確認したら、すぐに司法書士・行政書士に時効援用の相談をしましょう。

引田法律事務所は、回収業務の実力があることで有名な事務所です。
知識も経験も豊富で、債務者を丸め込むための多くの手段を持っています。

引田法律事務所から通知書が届いた場合、自力での解決は非常に難しく失敗例も多く聞かれます。

最後に支払いをして5年以上経っているのであれば、消滅時効の援用をすることで、借金をゼロにすることができます。

失敗しては元も子もありません。
リスクを考慮し、法律の専門家へ依頼することがベストな選択だと言えます。

 

専門家による時効の援用

債権者に安易に連絡せず、引田法律事務所に対する時効援用の実績が豊富な専門家に相談しましょう。

相談先は法律のプロになりますので、弁護士、司法書士、行政書士のいずれかになります。
費用を安く抑えたい方は、司法書士、行政書士への相談をおすすめします。

当サイトでは、時効援用の交渉を数多く手掛けている専門家を厳選してご紹介しています。

 

専門家にすべて任せたいが、費用はなるべく抑えたい方

弁護士よりも費用が安く抑えられる傾向がある、司法書士に依頼することをおすすめします。

 ウイズユー司法書士事務所へ無料相談する

 アルスタ司法書士事務所へ無料相談する

 

少しでも費用を抑えて、時効の援用をしたい方

費用を安く抑えたい方は、行政書士へ依頼することをおすすめします。
本サイト紹介の行政書士事務所は、司法書士事務所が併設されており、安心感が違います。

 時効援用手続相談所へ無料相談する

 時効援用手続代行センターへ無料相談する

 

引田法律事務所

代表弁護士:引田紀之弁護士

所属:東京弁護士会

債権回収用電話番号:0120550325

 

時効の援用で頼れる専門家
無料相談OK


ウイズユー司法書士事務所
 司法書士  費用: 1社 30,000円~
・借金問題の解決力に定評がある事務所
・365日24時間、全国対応の体制が整っている
・対応スピードが早く、交渉力が高い
> 公式ページで詳細を確認する
アルスタ司法書士事務所
 司法書士  費用: 1社 30,000円~
・司法書士2名の万全の体制がウリ
・法テラスの利用可
・借金の債務整理にも強い事務所
> 公式ページで詳細を確認する
時効援用手続相談所
 行政書士  費用: 1社 20,000円
・司法書士事務所が併設されているため安心
・経験豊富な行政書士による迅速な対応がウリ
・良心的な価格設定で安心
> 公式ページで詳細を確認する
時効援用手続代行センター
 行政書士  費用: 1社 20,000円
・司法書士事務所が併設されているため安心
・5社以上の場合は、一律 10万円で対応可
・費用がリーズナブルで明瞭設定
> 公式ページで詳細を確認する

更新日:

Copyright© 【消滅時効援用ナビ】 , 2018 All Rights Reserved.